反省文の書き方と例文 (反省文の基本)

スポンサードリンク

反省文の書き方と例文 (反省文の基本)

 反省文の書き方

反省文は、業務上のミスを犯した場合や、社内で迷惑行為を行ったりトラブルを起こしたりした場合に、会社へ提出する謝罪文です。同様の謝罪文である始末書は、処分や弁償をともなう重大過失まで対象となりますが、反省文はもっと軽い過失や規則違反が対象です。

反省文の内容は、事実を正確に記述した事情説明がまず必要です。しかし、反省文は謝罪文であって報告書ではありませんので、始末書ほど詳細に書く必要はありません。大切なのは、反省の意識謝罪の言葉、二度と同じ過ちを繰り返さないための改善策誓約です。過ちを詫びる気持ちが伝わるように書きましょう。

反省文の体裁

文体は敬体(です・ます調)で、段落を付けるオーソドックスなスタイルにしてください。ビジネス文書の基本に則って、日付け・宛先・タイトルを冒頭に記入しますが、所属・氏名は末尾に記入し、必要なら捺印します。
※これは横書きの場合です。縦書きのときは、日付けを手紙と同様に本文の後に書きます。

用紙と筆記具

指定用紙があるときはそれを使用しますが、指定されていないときは、ビジネス文書のスタンダードであるA4横書きレポート用紙が最適です。筆記具は黒色ボールペンを使い、書き損じたときは訂正・修正せず、別の用紙に書き直します。
※パソコンによる作成が認められているときは、氏名だけを自筆署名にしてください。

 反省文の例文

食品スーパー・折込チラシ 価格表記ミスの場合

2016年4月1日 

代表取締役社長 小磯麟太郎様

折込チラシの誤記に関する反省文

  この度は、私の商品情報の入力ミスによって折込チラシの価格表記に誤記が発生し、各店舗ならびに本社・お客様相談室に多大のご迷惑をお掛けしました。誠に申し訳ございませんでした。
  問題のチラシは、3月20日折込みの千歳船橋・仙川・富士見台3店合同チラシです。青果コーナー商品の価格表記が間違っていたため、3店とお客様相談室にお客様からの苦情が多数寄せられました。
  折込チラシの誤記が発生しましたのは、私が販売促進部に渡す商品データ作成の際、販売計画書の価格データを転記するときに誤入力したことが原因です。入力データのチェックは、入力時と入力後に随時行っておりますが、今回は間違いを見逃してしまいました。日頃各店をご利用いただいている大切なお客様のご不興を買い、信用の失墜にもつながりかねない間違いを犯しましたことを心よりお詫び申し上げます。また、各店や関係部課の皆様にも大変申し訳ないことを致しました。
  現在、生鮮食品部では各種データを複数社員で反復チェックする体制を早急に確立するため実験中です。私自身もこのような間違いを繰り返さないよう、商品データの作成・管理にきびしい姿勢で臨んで参ります。
  以上、この度の不始末につき重ねてお詫びを申し上げますとともに、二度と会社にご迷惑をお掛けしないよう日々努力を惜しまないことをお誓い申し上げます。

生鮮食品部 販売企画課 
大畑樹太郎 

営業車による車両破損の場合

2016年11月28日 

支店長 神田広太郎様

営業車損傷の反省文

  私は、自らの運転ミスによって営業車に損傷を与えてしまいました。ここに反省文を提出し、お詫び申し上げます。
  営業車の損傷は、本日、納品業務にて運転中に発生しました。公道で対向車とすれ違う際、路肩に寄り過ぎたため、電柱に接触して車体に幅約30cmの傷を付けてしまいました。
  対向車が接近したときには十分に減速し、慎重に運転すべきであったと深く反省しております。また、修理につきましては総務に依頼しましたが、会社に無用な出費をお掛けすることになり、申し訳なく思っております。
  今後は、不注意からこのような不手際を引き起こさないよう、業務遂行中はつねに気を引き締め、丁寧な運転を心掛けるよう肝に銘じてまいります。
  このたびは私の不注意から会社にご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。

営業部 法人営業一課 
上野静香 

大切な会議に遅刻した場合

2016年11月28日 

取締役関西支社長 大坂利彦様

重要会議における遅刻についての反省文

  私は、大切なお取引先との会議に遅刻し、関係者各位に多大なご迷惑をお掛けしました。ここに反省文を提出し、深謝申し上げます。
  当該の会議は、昨日、京阪開発、大淀川建設両社の担当部署の方々をお招きして関西支社にて行われたプロジェクト会議です。私は、この会議で事業計画の概要説明をするため、東大阪開発センターから車で支社へ向かっておりましたが、1号環状線の事故渋滞によって会議場所への到着が遅れ、参加者の皆様を約30分もお待たせしました。
  参加者各位にご迷惑をお掛けしたことは言うに及ばず、会社の信用にも関わる失態を演じましたことを誠に申し訳なく思っております。また、往路での不測の事態を考慮し、余裕をもって1時間前には到着するよう出発すべきであったと反省しております。
  今後はこのような不手際が二度とないよう、万全を期して仕事に取り組んでまいります。このたびの遅刻につき、心よりお詫び申し上げます。

東大阪開発センター 企画開発室 
主任プランナー 守口賢三 
サブコンテンツ

このページの先頭へ