始末書の書き方と例文 (仕事上の過失)

スポンサードリンク

始末書の書き方と例文 (仕事上の過失)
 仕事上の過失に関する始末書の書き方


本文は、自己の仕事上の過失を認めて謝罪することから書き始めます。自らの過失として起きたことを簡潔に述べ、それに対する謝罪の言葉を明記します。

次に、過失の具体的な内容・経緯やその影響などを端的に説明します。その際、会社や関係者に被害や迷惑が及んだ場合は、そのことも忘れずに明記します。ただし、顛末書や事故報告書のように詳細に書く必要はありません。

続いて、過失の発生原因を考察し、再発予防のための心掛けや対策を述べます。

最後に、同じ過失を繰り返さない決意を表明し、重ねて謝罪の言葉を述べて結びます。なお、以上の本文は、段落付きの一連の謝罪文としてまとめましょう。始末書は基本的に組織の代表者に宛てて書く詫び状ですので、小見出し付きの報告書のような体裁はふさわしくありません。

 仕事上の過失に関する始末書の例文

重要書類紛失の場合

2016年4月1日 

代表取締役社長 五島 護様

始末書 


  私は、自らの過失によって重要書類を紛失しました。ここにその始末書を提出し、お詫び申し上げます。
  紛失した重要書類は、大阪市住之江区に計画中の住之江センタービル(仮称)に関する事業計画書です。3月20日、阿倍野都市開発様の本社における会議のために持参した6部の内、私が帰途所持していた1部を紛失しました。
  紛失場所が移動に利用したタクシー内または新幹線の駅・列車内と思われますので、警察に紛失届を提出し、鉄道会社とタクシー会社に遺失物の確認をお願いしましたが、いまだ見つかってはおりません。
  紛失の原因は、私の不注意以外の何物でもなく、お詫びの言葉もございません。今後はこのような不始末を二度と仕出かさないよう、重要書類の取り扱いには細心の注意を払う所存です。また、私個人でできる紛失対策として、紛失しにくく盗難にも遭いにくい書類カバンをすでに購入しました。
  以上、事業計画の推進に悪影響を及ぼしかねない重大な過失を犯し、誠に申し訳ありませんでした。重ねて衷心よりお詫び申し上げます。

都市開発部 商業施設課     
企画設計リーダー 三島由紀 

サブコンテンツ

このページの先頭へ