ご配慮 の例文10パターン(意味と類語)

スポンサードリンク

ご配慮 の例文10パターン(意味と類語)


「ご配慮」の意味と使い方

配慮配慮とは、「慮(おもんばかり=思慮)を配る」という漢語であり、対象となる人・物・事柄に関心や注意を向けたり、思考を巡らしたり、気を利かせたりすることです。「配慮が必要」・「配慮が足りない」などの使い方のほかに、動作性の漢語名詞として「配慮する」の形でもよく使われます。ご配慮という敬語の形で使われる場合は、おおむね「気を利かせる」・「考慮する」・「注意する」の3つの意味で用いられます。

なお、ご配慮には多くの類語がありますが、それらの中にはビジネス文書の社交辞令には使えても、業務上の連絡事項やレポートなどにはふさわしくない訓読みする言葉がありますので注意してください。使うべきかどうか判断できないときは、すべてご配慮か他の漢字熟語を使用してください。(例: お心配り、お心遣い、お気遣いなど)

ご配慮 の例文

平素より格別のお引き立てを頂いております上に、この度は追加融資につきご懇篤なるご配慮を賜り、衷心より御礼申し上げます。

当方の不手際にもかかわらず、諸事情をご配慮いただき誠にありがとうございます。明日正午までには必ずお届け致しますので、何卒お収めいただけますようお願い申し上げます。

先日は天候やお客様の年齢のことにもご配慮くださり、誠にありがとうございました。お蔭様にて、皆様から良い旅の思い出がつくれたとお褒めの言葉を頂戴いたしました。

以上の国々では内戦・テロによって治安が悪化しています。出張に当たっては現地の最新情報を確認し、紛争・犯罪・事故に巻き込まれないようご配慮をお願い致します。

ご配慮の類語 の例文

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃格別なるご高配を賜り、衷心より御礼申し上げます。

弊社本町支店の開設に際しましてはご祝電とお花を頂戴し、温かいお心遣いに深く感謝いたしております。

弊社検査員は準公務員としての倫理規定に基づき業務を担当しております。お茶・菓子などの接待のお気遣いはご無用に願います。

この度の不始末については、どのような処分を受けようとも致し方なしと覚悟しておりました。山本様のお口添え誠にかたじけなく、ご厚情身にしみて嬉しく存じます。

この数値は理論上の最高速度です。実際の通信速度とは異なることにご留意ください。

本製品には溶媒としてメタノールを使用しています。換気と火気に十分ご注意ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ