恐縮です の例文10パターン(意味と類語)

スポンサードリンク

恐縮です の例文10パターン(意味と類語)


「恐縮です」の意味と使い方

恐縮恐縮とは、文字通り恐れ入って縮み上がることであり、「申し訳ない」・「お恥ずかしい」という意味です。ビジネスレターの中で使うときは、相手への迷惑や相手からの厚意に対して、陳謝と感謝どちらの場合でも謝意を表すときによく使います。また、自分の過ちや欠点について恥ずかしく思う場合や、恐縮した経験について述べる場合に用いることもあります。ただし、恐縮の程度はさまざまであり、心からの謝意や羞恥を表す場合もあれば、社交辞令的な軽い意味合いで用いる場合もあります。

恐縮です の例文

先日は、お忙しい中、わざわざお時間を割いて頂きまして恐縮です。ご親切に心より感謝いたします。

本日は私のつたない企画書をお褒めいただき恐縮です。いまだ未熟者ですので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

お問い合わせの製品は、すでに生産を終了いたしました。恐縮ですが、代替品のカタログをお送り致しますので、ご検討いただけましたら幸いと存じます。

恐縮ではございますが、弊社はお尋ねの企業とは無関係でございます。関連企業にも該当する会社はございません。再度、お尋ねの企業名や所在地をご確認いただけますようお願い申し上げます。

昨日は会長御自ら工場内をご案内くださり、誠に恐縮いたしました。皆様の手厚いおもてなしに、厚く御礼申し上げます。

恐縮ですの類語 の例文

恐れ入りますが、納品先を下記の弊社山科研究所に変更していただけますようお願い致します。

新入社員研修の参加人数が変更になりましたので、申し訳ありませんが客室・食事や会議室備品の追加をお願い致します。

このたびは弊社ご予約ガイドをご利用いただき誠にありがとうございます。
申し訳ございませんが、お問い合わせのツアーは、先月末日をもってお申し込みの受け付けを終了いたしました。

ご親切にお知らせいただき、本当に助かりました。このような不手際に気づかず、まったくお恥ずかしい限りです

ご丁寧なお祝いを頂戴し、誠に有難うございます。門外漢の弊社があのような賞をいただくとは想定外の椿事で、まさに身の縮む思いです

サブコンテンツ

このページの先頭へ