「敬語」タグの記事一覧

ご多用 の例文10パターン (意味と類語)

・  「ご多用」の意味 ・ 「多用」は、動詞として「多用する」とした場合は頻繁に使用するという意味になりますが・・・

ビジネスレターの結びの挨拶 種類と例文

結びのご挨拶

・ 結びの挨拶は、書簡文で本文の末尾、「敬具」、「敬白」などの結語の前に書く挨拶文のことです。日常的な業務に関・・・

お願いします の例文10パターン (意味と類語)

お願いします。

・ 「お願いします」は、相手に依頼・要求事項を伝えるときや、願望の気持ちを表明するときのもっとも一般的な言葉で・・・

助動詞れる・られる の敬語の例文10パターン

れる、

・ 「れる」・「られる」は、「人に信頼される」のように受身の意味でよく使われる助動詞です。しかし、まったく同じ・・・

お~になる、ご~になる の例文10パターン

御覧

・ 「お~になる」・「ご~になる」は、「お話しになる」や「ご説明になる」などの形でたいへんよく使われる敬語表現・・・

お客様とその敬語の類語 種類と例文

お客様

・  「お客様」  二人称でも使えるビジネス上の万能代名詞。 ・ お客様は、一般顧客から法人顧客まで、あらゆる・・・

ありがとうございます の例文10パターン (意味と類語)

有難

・ 「ありがとうございます」の意味と使い方 「ありがとう」は、形容詞「ありがたい(有り難い)」の連用形「ありが・・・

申し訳ありません の例文10パターン (意味と類語)

申訳

・ 「申し訳ありません」の意味と使い方 「申し訳」は「言い訳」の謙譲語であり、弁解のことです。従って、「申し訳・・・

存じます の例文10パターン (意味と類語)

存

・ 「存じます」の意味と使い方 「存じます」は、「~と思う」という意味の謙譲語「存じる」の連用形に丁寧の助動詞・・・

つきましては の例文10パターン (意味と類語)

就

・ 「つきましては」の意味と使い方 「つきましては」は、接続詞「ついては」の丁寧語です。「つき」は「つく(就く・・・

お手数 の例文10パターン (意味と類語)

手数

・ 「お手数」の意味と使い方 お手数は、「お手数を掛ける」または「お手数をお掛けする」が基本的な使い方です。「・・・

お申し付け の例文10パターン (意味と類語)

申付

・ 「お申し付け」の意味と使い方 お申し付けは、動詞「申し付ける」の連用形「申し付け」に、尊敬の接頭語「御」が・・・

ご愛顧 の例文10パターン (意味と類語)

愛顧

・ 「ご愛顧」の意味と使い方 愛顧とは、「贔屓(ひいき)にする」・「目を掛ける」・「引き立てる」という意味です・・・

末筆ながら の例文10パターン(意味と類語)

末筆

・ 「末筆ながら」の意味と使い方 末筆とは、文書の末尾に記す締めくくりの文言のことで、現代では主に手紙の結びの・・・

お祈り申し上げます の例文10パターン(意味と類語)

御祈

・ 「お祈り申し上げます」の意味と使い方 「お祈り申し上げます」は、心から希望・願望することを意味する「祈る」・・・

恐縮です の例文10パターン(意味と類語)

恐縮

・ 「恐縮です」の意味と使い方 恐縮とは、文字通り恐れ入って縮み上がることであり、「申し訳ない」・「お恥ずかし・・・

幸いです の例文10パターン(意味と類語)

幸

・ 「幸いです」の意味と使い方 「幸いです」という言葉には2種類の用法があります。ひとつは、「~していただけれ・・・

心ばかり の例文10パターン(意味と類語)

心許

・ 「心ばかり」の意味と使い方 心ばかりは、すべて漢字混じりで書くと「心許り」です。許り(副助詞)には、「~だ・・・

遅ればせながら の例文10パターン(意味と類語)

遅馳

・ 「遅ればせながら」の意味と使い方 遅ればせながらは、すべて漢字混じりで書くと「遅れ馳せ乍ら」です。古語で遅・・・

お心遣い の例文10パターン(意味と類語)

心遣

・ 「お心遣い」の意味と使い方 心遣い(こころづかい)は、思いや考えを向ける・及ぼすという意味の古語「心遣ふ」・・・

ご自愛 の例文10パターン(意味と類語)

自愛

・ 「ご自愛」の意味と使い方 自愛とは、「自(おの)ずから愛(いつく)しむ」という漢語です。品行を慎む「自重」・・・

ご配慮 の例文10パターン(意味と類語)

配慮

・ 「ご配慮」の意味と使い方 配慮とは、「慮(おもんばかり=思慮)を配る」という漢語であり、対象となる人・物・・・・

ご指導ご鞭撻 の例文10パターン(意味と類語)

鞭撻

・ 「 ご指導ご鞭撻 」 の意味と使い方 鞭撻(べんたつ)は大変古風な言葉です。鞭のおおもとの意味は「むち」(・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ