ご心労 の例文10パターン (意味と類語)

スポンサードリンク

ご心労 の例文10パターン (意味と類語)

 「ご心労」の意味

「労」には「苦労」・「世話」という意味もありますが、「心労」という熟語では「病気」の意味で用いられています。従って、「心労」は「気に病む」と同義語であり、心に掛けてさまざまに苦悩することです。心を煩わせることが意味の上で重要であり、単に気遣うという意味の「心配」よりも遥かに重い言葉となります。

また、尊敬の接頭語「御」を冠した「ご心労」は、他人の心労を推察して使う言葉です。他人の心労に自分が関与しているのであれば、その人に少なからぬ迷惑を掛けていることになり、「ご心労をお掛けする」と言えば、その人に対するお詫びの気持ちを込めた文言となります。

 「ご心労」の例文

例文) この度は、私の軽率な発言が議事進行の妨げとなり、深く反省致しております。また、伊藤様には大変なご心労をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。

例文) この度の一連の騒動につきましては、ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。私ども一同、事態が速やかに収束しますようお祈り致しております。

例文) この問題は、先日の役員会でも重要案件として取り上げられました。多方面への影響と関係者の方々のご心労に配慮して、迅速かつ穏便な取り計らいをよろしくお願い致します。

例文) JGB の稲垣部長が重度の胃潰瘍にて本日緊急入院なさいました。社員の方々からは、先般の合併問題と非採算部門の整理にてご心労が重なったためと伺っております。

例文) 今回もご納得のいく価格をお示しできないことは、当方としましても残念でなりません。ご心労が多々おありと存じますが、何卒今しばらくご辛抱のほどお願い申し上げます。

例文) 店長各位のご心労を知るに及び、店舗制度のみならず全社的な人事制度の改革が必要であることを痛感致しました。つきましては、今般の委員会答申を尊重し、以下の通り諸制度の改訂案を発表致します。

 「ご心労」の類語の例文

例文) 以上の改善策は、貴社従業員の皆様に従来以上のご負担をお願いすることとなります。お心を煩わせて恐縮ですが、何卒ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

例文) ご家族皆様のご心痛をお察し申し上げますとともに、お元気なころのお姿を偲び、心からご冥福をお祈り致します。

例文) 弊社の前途をご憂慮くださるお言葉に感涙を禁じ得ません。この上は全社一丸となって再建に邁進致しますことをお誓い申し上げます。

例文) 現地の人たちとは意志の疎通もままならないことが多いと思います。気苦労が絶えないことと存じますが、なにとぞ恙無く職務を全うされますよう心よりお祈り致しております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ